ベビー服の種類


出産祝いにベビー服を贈るような場合には、どのようなベビー服がどのような月齢に必要になるのかをしっかりと確認しておく事が重要になります。ベビー服や新生児服の種類によっては、いくら可愛いからといっても、あまり使用頻度の少ないアイテムもあるからです。こちらで少しだけ紹介いたします。

新生児の時には、当然ですが自分では動く事ができません。その為、オムツを替えるのが簡単な短肌着や長肌着がおすすめです。また、少し大き目のツーウェイドレスなどもおすすめなのですが、この時期に着る物は、相手側で用意しているケースが多いので、あえて外す事がポイントになります。

3ヵ月の頃になると、眠りながらも足をバタバタ動かすようになってきますので、長肌着では直ぐにめくれてしまいます。その為、ツーウェイドレスや、カバーオール、ロンパースが必要になります。半年くらいが経過すると、寝返りはもちろん、おすわりやハイハイも出来るようになります。その為、ツーウェイドレスやカバーオール、ロンパースから上下の分かれたトップスやパンツなどに移行していきます。どのタイミングで出産祝いを贈るか分かりませんが、多いのが60サイズくらいのロンパースやツーウェイドレス、カバーオールなどをプレゼントされる方が多くなっており、大変喜ばれているのでおすすめです。